特殊な内容と必要性

ウェディング

ウェディングに関するバイトには様々なものがありますが、最近話題となっている少々特殊なタイプのウェディングバイトがあります。それが代理出席のエキストラをいうものです。結婚式は両家の親族や友人などが参列することが基本ですが、スピーチを頼める友人や先輩がいなかったり、披露宴を盛り上げるために行われる余興でさえ頼むことができないという人も少なくありません。出席するはずの来賓者が急遽来ることができなくなったなど、様々な不測の事態に対応してくれるのがエキストラです。結婚式に呼びたくない親族がいる場合や、出席者が会社の関係者や友人だけに偏ってしまう場合などもエキストラを必要とする人に見られる現象です。本来なら両家でバランスを取ることで出席をお願いする人を決めるのですが、想定している分の人数が集まらないということに引け目を感じてしまう人も中にはいます。そんなとき非常に役立つのが代理出席のエキストラバイトなのです。求人では多く見かけることはありませんが、インターネットの求人サイトなどでは募集をしていることもあります。

エキストラは勿論他人なので、事前の打ち合わせなどで設定を細かく行う必要があります。そのため、柔軟に対応する対人スキルがとても重要視されるバイトと言えます。特にスピーチを任された場合などは、新郎新婦との自然なやり取りも行う必要があります。友人として代理出席する場合には、親族やそのほかの出席者と会話をする機会も多くなるでしょう。同じテーブルに座る人と戸惑うことなく会話を楽しむことができる柔軟性や度胸が求められるのです。あらかじめ打ち合わせで決められた設定を忠実に守り、全くの別人に成りすますためボロが出ない演技力も必要です。責任感がなければ務まらない仕事でしょう。代理出席のエキストラは顔が広くバレてしまうと後々トラブルに発展する可能性もあります。そのため、大きな間口で募集を行わないと考えられます。ウェディングに関するバイトを専門に扱っている求人サイトなどで探すことができますし、ウェディングの派遣会社などにはエキストラの依頼が多いでしょう。結婚式の代理出席のエキストラバイトに興味がある場合には、インターネットなどから情報を集めてみると良いです。